最近よく聞く【コーチング】って何ですか?

こんにちは、ママのライフコーチをしているもがママ(@sobakasu_shimie)です!

私が最近連呼している「コーチング」って言葉、聞いたことありますか?

最近ではコーチングを使ったダイエット法や子供との付き合い方などの本もたくさん出ているので見たことはあるって方もいるかもしれませんね(^^)

コーチングを一言で言えば、

【ナリタイ自分やヤリタイ事を叶えるための自発的行動を促すコミュニケーション技術】のことです。

今日はそのコーチングについて少しご紹介させてください(^^)

目次

これを見たらなんとなく分かる!

とりあえず難しいことは置いといて、こちらを読んで頂けるとイメージが湧くと思います(^^)

では、より詳しくコーチングを見ていきましょー!

コーチングとは?

冒頭でも触れましたが、コーチングとは【ナリタイ自分やヤリタイ事を叶えるための自発的行動を促すコミュニケーション技術】のことです。

そもそもコーチという言葉は本来「馬車」を意味し、乗る人を目的地に送り届けるという意味があります。

ブランドの【coach(コーチ)】のマークも馬車ですよね!

そこから、コーチは対象者を夢や目標に向けてサポートする役割をもつ者と言われています。

コーチングではコーチが様々な質問をクライアントすることによって、クライアントの本当の想いを引き出し、整理し、叶えたい未来へ効率よく、着実に進むためのお手伝いをします。

クライアントは考えたこともなかったような質問に答えていくことで、迷いやモヤモヤを1つずつクリアにしていき、納得感をもって未来へ一歩進むことが出来るようになります。

会話をしながら、ストンと腑に落ちる感覚になったことありますか?あの感じに似た納得感を得ることができますよ!

コーチングって具体的に何をやるの?

クライアントが話したいテーマに沿って、コーチが様々な質問をしますので、それにたくさん答えて頂くスタイルになります。決して矢継ぎ早な質問ではなく、コーチとの会話って感じなのでそこは安心してください(^^)

コーチとクライアントの会話の流れはこんなイメージで進みます(^^)

今まで考えもしなかったような質問に答え、思想を整理することで、自分の本当の価値観やこだわりに気付き、今行動するべきことが明確になっていきます。

  1. クライアントが話したいテーマを出す
  2. コーチの質問に回答することで思考が整理される
  3. 目標や理想、本当の願望が明確になる
  4. やるべき行動が明確になる
  5. 前へ進む行動ができるようになる

コーチングをするとスッキリする!?

たくさん話をしてスッキリした経験ってないですか(^^)?

セッションの時間はクライアントさんのためだけの時間です。コーチは【聞く】技術もきちんと学んでいます。また発言に対して否定することは絶対にありません。なので存分にたくさん話して、終わった時に「なんかちょっとスッキリした!」っと思ってもらえると思います。

子育て中のママだと大人と話す機会自体、少なくなっているので存分に話すことで得られるリフレッシュ効果は高いと思います!

不思議なことに、たくさん話していると「あ、本当は私はこう感じているんだ」「そうだ!そうすれば良かったんだ!」と気付くことがあります(医学分野の用語でオートクライン効果と言います)。

そのような気付きを引き出すのがコーチングです。

実際に私がコーチと行ったセッションを再現した記事がありますので、そちらをご覧になって頂き、コーチングってこんな感じなんだな~っと参考にしてもらえたら嬉しいです(^^)

コーチは基本アドバイスはしません!?

えっ!?コーチなのにアドバイスしてくれないの!?

そう思われる方もいると思います(^^)

スポーツにおけるコーチは目標達成のために様々な指導をしますが、コーチングのコーチは基本的には具体的な解決策を提示しません(提示する場合には、クライアントに許可を得てから提示します)。

何故なら、コーチングの考え方としては【答えはクライアント自身の中にある】としているからです。なので、コーチは様々な質問から気づきを引き出し、クライアント自身が納得して前進できる方法を一緒に見つけ出していくことになります。

コーチングは世界的に注目されています

日本ではそれほど馴染みのないコーチングですが、海外の方が広く知れ渡り、活用されています。

1950年代頃にはハーバード大学でコーチングが研究され始め、1980年代頃にはアメリカで企業内研修者やコンサルタントに注目されたことでコーチングのプログラムが数多く採用されるようになりました。そして1990年代にはプロのコーチが登場し、企業経営者や自己実現を目指す個人がコーチングを受けるようになりました。今ではアメリカのコーチの数は1万人以上!トップ企業経営者の7割がコーチを雇っていると言われています。

この波は日本にも着実に来ており、次の記事ではこのように書かれていました。

コーチングは欧米諸国を中心として、上昇志向の強いビジネスパーソンを中心に「自己投資」の一環として広く活用されており、近年、日本でもニーズの増加と共に市場規模が急拡大しております。

……

コーチング国内市場は2015年は50億円程度であったのに対し、2019年には300億円程度まで成長を遂げております。

オンラインコーチングサービスのmybuddyが『コーチング業界カオスマップ2020』を公開ーPRTIMES

いまやコーチングはビジネス向けだけでなく、ダイエットや学習、親子関係など、幅広い分野で目標を実現させるツールとしても注目されています。

もがママはこのコーチの資格を取得しようと思っています

もがママはプロのコーチの資格を取得するために勉強をしています!

5月が試験なのですが、これに合格したらプロ資格を持つコーチとしてセッションを行う仕事を始めようと思っています!

そこで今後、試験に向けてセッションの練習台になってくださる方をまた募集したいと思っています!(前回はさらっとこんな感じでお願いしたら快く5名の方が引き受けてくださいました…!感謝ですぅぅぅ!!)

https://twitter.com/sobakasu_shimie/status/1369218216073957377?s=20

その際は是非ご協力をお願い致します~( ;∀;)!20人以上の方にご協力いただけました!本当にありがとうございました!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

自分らしく生きることにした37歳二児の母。
家事育児に飲み込まれるばかりでなく、自分の人生を作り上げる過程を記録していくブログ。

#もがママ

関連記事

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる