【内緒だよ】私は1日約220円で毎日掃除代行をお願いしています。

私は専業主婦です。

しかし、専業主婦だって掃除や料理などの家事が苦手な人もいます。私はとても苦手です。はっきり言ってやりたくない!

同じように思っている方も多いのではないでしょうか?

でも、苦手な事、嫌な事を我慢してやることはないのです。

ここは思い切って得意な人にお願いすればいいのです。

そこで今回、思い切って掃除代行をお願いしてみました!

しかも、1日たったの約220円でね…

1日約220円で掃除代行をお願いする方法とは?

超破格の220円で掃除代行をお願いする方法なんてあるわけないと思いますか?

いや、あるんです。できるんです!

そのカラクリは、こちら!

f:id:sobakasukarashimie:20200317064634j:image

お掃除ロボット【ルンバ】です!

専業主婦としての固定概念に縛られ続けていた私は、【お掃除ロボットなんて高級品は専業主婦には贅沢品だ】と長年思っていましたが、これからの時代、専業主婦やワーママの肩書なんて関係ない。便利なものは何でも賢く利用するべき!と考えを改め、思いきって購入したのです。

私が購入したのはルンバ980。2015年の発売された型です。

こちらの現在の相場が約8万円前後(Amazonなら7万円台もありました!)

それを1年で換算すると、

8万円÷12カ月=約6700円

それを31日として1日分を出してみると、

6700円÷31日=約220円!

このように、チョコを毎日1箱買う感覚で1年で元を取れるルンバにお掃除代行をお願いできると思うと、なかなか現実的な選択肢になってくるのではないでしょうか?

ルンバのここが凄い!

「でもさ、1日220円分出す価値って本当にあるわけ?」

そう思う気持ちも分かります。

ルンバの実力ってどんだけかよ?と思いますよね。

個人的には、ルンバを買って大正解!

私をはるかに超えるお掃除上手が毎日私に代わって掃除をしてくれる…

本気で助かっています…!

そんなルンバの凄いところをまとめてみました!

1:段差があっても落ちない

ルンバで最初に驚いたところと言えば、やはり段差があっても落ちないところです。いや、落ちないって知ってましたよ?でも、本当に落ちないんだ!っと感動しましたw

f:id:sobakasukarashimie:20200312083903j:image

なので、目を離していても安心して掃除を任せられます。

2:スマホから遠隔操作ができるところ

この機能めっちゃ便利です!

外出先でも思い立ったらすぐに起動させられるので隙間時間に掃除を済ませられるのです(iOSとAndroid対応)。

▼この〇ボタンを押すだけで起動!▼

f:id:sobakasukarashimie:20200315063924j:image

スマホから掃除状況をチェックできるので、何分やってどのくらいの範囲を掃除したのかを見れるのも結構楽しいw

f:id:sobakasukarashimie:20200315063922j:image

スマホから掃除のタイマー予約もできますし、

f:id:sobakasukarashimie:20200315063917j:image

無事に掃除が終了したらお知らせもしてくれます。

f:id:sobakasukarashimie:20200315063927j:image

トラブルがあった時もすぐさまお知らせしてくれるので、すぐに対応ができます。

f:id:sobakasukarashimie:20200315063919j:image
もがきママ

この「助けを求めています」って表現が可愛くて好きなんだよなw

スマートスピーカー対応なので、音声で操作も可能ですよ!

3:2cmのクッションマットの上も乗りあがれる

お子さんがいる多くのご家庭でクッションマットを使っていると思いますが、そのマットの段差もルンバ980なら乗り越えられます(2015年以前の機種は乗り越えられるか不明)

しかも、我が家の極厚2cmのクッションマットの上も楽々乗りあげられる強者です!

f:id:sobakasukarashimie:20200308165656j:image

子育て家族にとって、お掃除ロボットがクッションマットの上をちゃんと乗り上げられるか否かって購入時の大切なポイントですよね

もちろんカーペットの上にも乗りあがることができます。しかも床が絨毯であることを自動認識し、通常より強力に吸引してお掃除してくれるのです!

f:id:sobakasukarashimie:20200319051843j:image
なんて美しい掃除跡なんでしょう…

4:充電がなくなったら自分で充電基地に帰る→完了後また出動

ルンバ980の稼働時間は最大120分、約112畳もの床を掃除することができます。それを超えると充電が切れてしまいます。しかし、そうなった場合、ルンバは自力で充電しに基地に戻るのです!そして充電が完了したら、充電が切れたところから掃除を開始するというお利こうさん!

もがきママ

あ~でも、1回の充電時間は3時間だけどね…

ちなみに我が家は平均的な2階建ての一軒家なのですが、1回の充電で1階2階とも掃除できるので、充電切れになったことはありません。

5:カメラ搭載で画像分析ができる

このルンバ980はカメラを搭載しているので、自分の位置や障害物を画像情報から分析し効率よく掃除をしてくれます。

…っとは言いつつ、使っていても正直その凄さはあまり実感できないのですが、分かる人には分かる凄いポイントらしいです。。

6:ルンバに掃除してほしくない場所を設定できる

子供がいるとおもちゃが床に散乱しますよね~。しかも床にレゴやらブロックやらの作品を作っちゃうから動かすに動かしづらかったりすることありませんか?

そんな時、ルンバに「ここは掃除しないでくれ!」っと設定することができます。

付属のデュアルバーチャルウォールを置くだけで、掃除してほしくない場所の壁となってくれ、ルンバの侵入を拒んでくれます!

f:id:sobakasukarashimie:20200315063107j:image

ペットがいるご家庭では、おトイレゾーンや水飲み場をガードするのにも使えそうですね!

掃除もすごい簡単だった!

新しいものを買うと、掃除のしやすさって気になりますよね。

はっきり言って、ルンバ980は掃除がしやすい!

実際にご覧頂きましょう(^^)

ここから実際のゴミが映ります。見たくない方は飛ばしてくださいね!お目汚し失礼!

カパッと本体からダストボックスを外します。

f:id:sobakasukarashimie:20200312023631j:image

小窓を開けてフィルターについているゴミを取ります。

f:id:sobakasukarashimie:20200312023646j:image

1フロアの掃除でごっそりゴミが取れました!

f:id:sobakasukarashimie:20200312023623j:image

埃以外の食べかすや大きめのゴミは下のボックスに入っています。

f:id:sobakasukarashimie:20200312023649j:image

それを掃除機で吸い取ってしまえば掃除終了です!

f:id:sobakasukarashimie:20200315061614j:image

これ、本当に楽ちんです!あっという間にゴミの回収が出来ちゃいます。

ちなみにこのルンバ980はダストボックスの水洗いは出来ませんが、水洗い可能でしかも5万円を切るルンバもありますよ!

もがきママ

しかもこちらもスマホ対応!こっちでも良かったかもw

ルンバは思ってたより重くなかった

ほとんど持ち上げることはありませんが、1階から2階への移動時に持ち上げることがあります。でも、ルンバは3.9キロほどなので、片手で楽々持ち運べます。

f:id:sobakasukarashimie:20200308165630j:image

気をつけなきゃいけないポイント

便利で優秀なお掃除ロボットのルンバですが、最大限の力を発揮してもらうために少し気をつけなきゃいけないポイントがありました。

クッションマットの端を巻き込むことがある

クッションマットの四隅にあるコレ↓が浮いていたりすると、このようにルンバが巻き込んでしまうことがあります。

f:id:sobakasukarashimie:20200308165557j:image
子供が何度も外して遊んでたから変形して、うまくハマらなくなってたんだよねー

そうならないためにも、あらかじめ浮いている箇所を押し込んでおくか、潔く始めから外しておいたりする工夫が必要かもしれません。でも、浮いていなければ巻き込む心配はなし!

コードも巻き込みやすい

ルンバは吸引力が強いので、コードも巻き込んでしまうことがあります。

ですので、掃除前はあらかじめコードを隠しておくことをおすすめします。

f:id:sobakasukarashimie:20200315062254j:image

薄いカーペットも巻き込まれる

子供が車を走らせたりして遊んでいるこのカーペットのように薄いものだと優れた吸引力ゆえ巻き込んでしまうことがあります。

f:id:sobakasukarashimie:20200315060129j:image

なので、やはり事前にどかしておくか、角に重いものをのせてルンバに吸われないようにしておいたほうが良いかと思います。

大事なのは、ルンバ稼働前に床の物を全て移動しておくこと

ルンバを使う時の全ての基本は、床に物を置いたままにしないこと。

効率よく掃除をしてもらうためにも必ず守ってほしいポイントです。

しかし、子供がいると床におもちゃが散乱し、足の踏み場がないこともしばしば…。そんな中で全てのおもちゃを片付けるのは一苦労だと思います。。

でも、1日の中で1回でも床がきれいに整った状態に戻すことでかなり気持ちがスッキリします!これを繰り返すことで、今では我が家の子供達もルンバの前には自主的におもちゃを片付けるようになりました。

もがきママ

「ルンバにおもちゃを食べられちゃう」と思っているかもしれないけど…w

強いてデメリットをあげるとしたら…

気になるほどではないけれども、強いてあげるならここがデメリットかしら。という点も正直にあげてみようと思います。

音が結構うるさい

一般的な掃除機より音がうるさいように感じます。なので、深夜や早朝のルンバは避けたほうが無難。だけど、たいてい稼働するのは日中の不在時なので、音がうるさくてもたいして問題なし!

不在時に迫力ある掃除音は防犯になる気さえしているので、私は割と好印象を持っていますw

網戸を外す危険性あり

ルンバにはカメラが搭載されているので壁や障害物を確認しながら動いているのですが、決して壁にぶつからないわけではなく、軽く壁に体当たりながら動くことで壁ギリギリのゴミをとっています。

たぶんカメラで画像分析して、壁にあたる時のスピードをコントロールしているんだろうな

その習性(?)ゆえか、網戸にして換気をしながらルンバを稼働させていたら、網戸が壁だと理解できなかったようで、スピードを落とさず網戸にあたってきたので、危うく網戸が外れるところでした(^^;)

ちなみにそれは築30年のマンションでのこと。現在の家に引っ越してきてからは、きちんと網戸を認識してくれています。

時間がかかる

お掃除ロボのルンバは、【しっかり丁寧に掃除をする】指名を持っているので、その仕事ぶりはとにかく丁寧すぎる=遅いw

我が家の場合、18畳LDKで30分はかかります。

自分でやるほうが早くない?

そう思われる方が多いかもしれませんが、ルンバの本当の凄さはその裏に隠れているのです…

ルンバの最大のメリットは「時間を作り出してくれること」だ

f:id:sobakasukarashimie:20200312023705j:image

確かに自分で掃除機を動かしたほうが掃除が早く終わるかもしれません。

しかし、その掃除機をかけている時間は確実に消費されます。その時間は、子供の相手をできるわけでもなく、食事ができるわけでもなく、100%掃除をするための時間として消費されます。

でも、ルンバに掃除をお願いすれば、今まで掃除だけに費やしてきた時間がそのまま自分の時間として新たに捻出されるのです。掃除から解放された時間はたとえわずかな時間だとしても、新しく時間が生み出されたことは24時間を慌ただしく動く私達にとって、想像以上に有意義なことだと思うのです。

特に時間に追われるママ達。

いかに自分のために使う時間を生み出すことに苦労しているか。そのために1日1日時間に追われながら日々のタスクを必死になってこなしているのか。その大変さ、よく分かります。

そんな時間の大切さを一番理解しているママ達こそ、技術の進歩を柔軟に取り入れて、新しい家事のカタチを作ってみてはいかがでしょうか?

ワーママだとか、専業主婦だとかは関係ない。

便利なものはどんどん使っていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUT US

ママだから家事育児を頑張らなきゃいけない、ママだからこんな格好できない、ママだから夜遊びしちゃダメ…そんなママを縛る価値観から世の中のママそして私自身を解放したいお年頃の36歳二児の母。 30代40代ママに向けて、思う事や家事育児ネタ、着痩せやファション等、女性誌を意識したコンテンツをブログで発信中 #もがきママ

カテゴリー