ママ友のモヤモヤで憂鬱。でもコーチング受けたら一瞬でスッキリしてしまったからマジで凄いなって話

こんにちは、もがママ(@sobakasu_shimie)です。

ママ友関係でここ数日モヤモヤしていました。

ほんと嫌なんですよね、イライラやモヤモヤに心を占領されている時間って。でも、なかなかその思いをポイできない。結局囚われてしまう。ただ時間が過ぎ、モヤモヤが増幅するばかり…。

そんな時、今勉強中のコーチングで心を整理してみたんです。

そしたら魔法みたいにたったの30分でスッキリ解決できてしまったんです…!

ママ友関係の発端

ことの発端は、我が家に1歳と3歳の子連れでママ友が遊びに来たときのこと。

まだ1歳になりたての子もいるので、事前に誤飲しそうなおもちゃや触って欲しくないものを撤去していたのですが、やっぱりまだ赤ちゃんなので何でも口に入れちゃいますよね。

それは分かる。分かるんだけど、正直我が家のおもちゃをカミカミされると「お、おう…」ってなる。でも赤ちゃんだもん仕方がないよ、と思う。でも、その姿を「おいちいの~♡?」とニコニコ見ているママ友の感覚は正直ちと分からん。私ならカミカミして良いおもちゃを持参する、もしくは「カミカミしないで!」と取り上げるか、既に噛んでしまったらよだれを拭き上げて「ごめん」って言うかな。少なくともニコニコ見てはいられないかなと思う。

他にも3歳の子は我が家のおもちゃを乱雑に投げたり、あんまんぱんの車に乗っては壁に激突したり…。子供のすることはしょうがないと思いつつも、マジで壁に穴が開くんじゃないかと本気でヒヤヒヤした。で、その姿を何も言わないママ友に疑問が増えるばかり。

「なんとも思わないの?」

正直今までもママ友に対しては疑問が多かった

本音を言ってしまえば、ママ友の行動に理解できない部分が今までにも結構あった。

子供達を見ないでお喋りに夢中。浅い池に落ちても全然気づいてない。私は子供が見えなくなるほど遠くにいくなんて不安でたまらないから見守りについていく。そうすると気付けば私が子守係になっていることもしばしば。

「子供が見えなくなっても不安じゃないの?何かあったらって思わないの?」

子供が立派な鼻水を出してもそのままにしているママもいる。鼻水と髪の毛が一体化してるやん…。鼻水が出たらこまめに拭いてあげて欲しい。心が狭いような本音言っちゃうと、その鼻水がうちの子について鼻風邪もらいたくないんだよ…。

「なんですぐ鼻水ふかないの?」

子供が何したって注意しないママもいる。注意したって聞かないんだからって諦めてる。まぁその気持ちも分かるけどさ、さすがに道路に行きそうになったり石投げてる時は注意しようよ…

「なんで注意しないの?」

私とママ友の価値観は違う。それだけ。

今まで積み重なってきた「なんで?」が噴出し、私の頭の中はママ友のストレスでもう満杯です。

かと言って、その「なんで?」をママ友にぶん投げたところで週5日顔を合わす状況下(同じ幼稚園バスのバス停メンバーなので)できまずくなるのは私自身。

出来ればサヨナラを選択するのではなく、何も思わなくなりたい。

私にとっては理解しがたい行為だけど、ママ友にとっては真っ当な価値観の中で生きているんだろう。私の価値観を振りかざしては価値観の暴力でしかない。

『人は人。うちはうち。』

だと思い込み、平静を取り戻したいだけなんですよ、私は。

だから考えることをやめる。

もう考えない。

考えたりなんかしない。

……やっぱ考えちゃう( ;∀;)!

結局私はモヤモヤの囚われの身…

結局モヤモヤに囚われてる私。「考えない」ことを選択したのにめちゃくそ考えてる。

もうヤダ、こんな状況!!

そんな時にタイミングよく、今勉強中のコーチングのセッションを受けるタイミングが来ました。そこでこのモヤモヤを整理してみようとおもったんです。

そもそもコーチングと?

最近もがママはコーチング、コーチング言ってるけど、そもそもコーチングって何にさ?

そう思われている方もいるかもしれないので、コーチングの簡単な説明をすると、

パフォーマンス向上のために、対話によって対象者を勇気づけ、”気づき”を引き出し、”自発的行動”を促すコミュニケーション・スキル。

銀座コーチングスクール公式HP

クライアント(コーチのサポートを受ける人)が『やりたい』『なりたい』自分になれるように、コーチは対話により『気づき』を引き出し、目標を実現させるための行動を促していきます。

私はこのコーチになりたくて勉強中なんですわ!

ま~ま~とりあえず実際に私が受けたコーチングをお見せしたいと思います!

ママ友関係のモヤモヤをコーチングしてもらった。

私:ママ友関係のモヤモヤに囚われちゃうんです。だから考えないようにしたいんです。でもやっぱり考えちゃうんです(T_T)こんな事がありましてね~(具体例を話す)

コーチ:それはモヤモヤしちゃいますね~!

私:そうなんです。

コーチ:今までの経験で、モヤモヤすることを伝えて引きずらないでうまく行った事ってありますか?

私:いつも伝えずに徐々にフェードアウトしていって関係を終わらせてばかりでした。

コーチ:じゃあ逆に、もがママさんがこのモヤモヤを乗り越えられたら同じような悩みを持つ人に、乗り越えられたらこの先どんな良いことがあるって伝えると思いますか?

私:生きるのがラクになるよ。楽しくなるよ。

コーチ:他には?

私:えっと…死ぬこと以外かすり傷とか?w

コーチ:いいですねー!他にはまだありますか?

私:うーん…(考えを絞り出す)邪念がなくなるので自分の大切なものに集中できる。とかかな。あっ、なんか思い出したんですけど…

コーチ:うんうん、何ですかー?

私:スティーブ・ジョブズが言っていた言葉で心に残ってる言葉があるんですけど、

コーチ:スティーブ・ジョブズ!おぉ!ビッグネームが出てきましたね!w

私:ですよねw なんかスティーブ・ジョブズの『人生は短いんだから他人の人生を生きている暇なんてない。自分の人生を生きろ。』的な名言があるんですけど、まさにこれだなと。

コーチ:うんうん!

私:自分の時間は有限で、自分の時間は私だけのもの。だからそんな時間をモヤモヤに占領されるなんてもったいないですよね。あっ!!ってか、ですよね!!私、家事育児で自分のことを考えられる時間なんてほんと僅かなのに、この貴重な時間をモヤモヤで無駄遣いするなんてもったいなさすぎる!!

コーチ:ですね!

太線に注目してください!私、気づいちゃいました!

ものの30分で自分の言葉の中から、自分で答えを見つけられたんです!厳密に言えば、コーチにより対話から気づきを引き出してもらえたんです!

気づきから出た答えは腑に落ちる~!

正直私、『人それぞれの価値観だから考えたってしょうがない。考えない』と答えは出ていたんですよ。でも、それでもやっぱり考えちゃう。

それが対話を通して今まで掘り下げていなかった部分まで考えることで、自分の中でものすごく腑に落ちるところまで行き着くことが出来たんです。コーチングのセッションが終わった途端、世界が明るく見えました!w

もう超スッキリしたー(≧▽≦)!

ママ友付き合い、ちょっとラクになってきました。

自分の思いが腑に落ちたので、心身ともにラクになったし、なんだか軽くなりました。でも人間なので、もう100%乗り越えた!ってわけではないです。でも腑に落ちる確固たる落しどころを見つけられたので、モヤモヤの一端が見え始めたら、すぐに切り替える努力が出来るようになってきました。

30分でここまでの変化、コーチングって凄いなー!

私も勉強がんばろ!っと思いを新たにし、また幼稚園のバス停へ向かうもがママでした。

いつか、こういうママのお悩みをスッキリさせるお手伝いができるコーチになりたいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA